クールストア販売商品

★★★ PATEK PHILIPPE ★★★ 18K SOLID GOLD – REQUTANGULAR “TOP HAT” – Circa 1950★18金無垢シャンパンゴールド – 最強レクタンギュラー”トップハット” – 1940年代 Ref.1450/Cal.9-90

PRICE 
MODELRef.1450 レクタンギュラー”トップハット”
MOVEMENTCal.9-90  
AGE1940年代 / 1940’s
MATERIAL18金無垢シャンパンゴールド / 18K SOLID GOLD
SIZE20mm(ボディー部分)-24mm(ハット部分×38.5mm(ラグ to ラグ)  
★★★ PATEK PHILIPPE ★★★  18K SOLID GOLD – REQUTANGULAR “TOP HAT” – Circa 1950★18金無垢シャンパンゴールド – 最強レクタンギュラー”トップハット” – 1940年代  Ref.1450/Cal.9-90のサムネイル
★★★ PATEK PHILIPPE ★★★  18K SOLID GOLD – REQUTANGULAR “TOP HAT” – Circa 1950★18金無垢シャンパンゴールド – 最強レクタンギュラー”トップハット” – 1940年代  Ref.1450/Cal.9-90のサムネイル
★★★ PATEK PHILIPPE ★★★  18K SOLID GOLD – REQUTANGULAR “TOP HAT” – Circa 1950★18金無垢シャンパンゴールド – 最強レクタンギュラー”トップハット” – 1940年代  Ref.1450/Cal.9-90のサムネイル
★★★ PATEK PHILIPPE ★★★  18K SOLID GOLD – REQUTANGULAR “TOP HAT” – Circa 1950★18金無垢シャンパンゴールド – 最強レクタンギュラー”トップハット” – 1940年代  Ref.1450/Cal.9-90のサムネイル
★★★ PATEK PHILIPPE ★★★  18K SOLID GOLD – REQUTANGULAR “TOP HAT” – Circa 1950★18金無垢シャンパンゴールド – 最強レクタンギュラー”トップハット” – 1940年代  Ref.1450/Cal.9-90のサムネイル
★★★ PATEK PHILIPPE ★★★  18K SOLID GOLD – REQUTANGULAR “TOP HAT” – Circa 1950★18金無垢シャンパンゴールド – 最強レクタンギュラー”トップハット” – 1940年代  Ref.1450/Cal.9-90のサムネイル
★★★ PATEK PHILIPPE ★★★  18K SOLID GOLD – REQUTANGULAR “TOP HAT” – Circa 1950★18金無垢シャンパンゴールド – 最強レクタンギュラー”トップハット” – 1940年代  Ref.1450/Cal.9-90のサムネイル
★★★ PATEK PHILIPPE ★★★  18K SOLID GOLD – REQUTANGULAR “TOP HAT” – Circa 1950★18金無垢シャンパンゴールド – 最強レクタンギュラー”トップハット” – 1940年代  Ref.1450/Cal.9-90のサムネイル
★★★ PATEK PHILIPPE ★★★  18K SOLID GOLD – REQUTANGULAR “TOP HAT” – Circa 1950★18金無垢シャンパンゴールド – 最強レクタンギュラー”トップハット” – 1940年代  Ref.1450/Cal.9-90のサムネイル

その角という造形美….すべての縁に対してしなやかな曲線を求め、大胆でありながら繊細に表現された。フロントから覗けばそれは円筒状に見え、その上のラグ頂上部はフラット、そしてそれが18金無垢”シャンパンゴールド”という存在であるがゆえに、見た者は誰しもその風格に酔いしれ、触ると同時に感じる至近距離からの関係を遠ざけていく…….そうその風格、近寄りがたいそのオーラ、その品格、これほどまでに人の心を豊かにし、ロマンティックの思いをつのらせる存在がこの世にあつたのであろうか…….

18K ROSE GOLD

。 それは美的創造力の究極の果てにパテックフィリップなりの表現として、本物の価値を追い求めてきた結果の末、その先になしえた純粋な想いや愛情の産物としてこの世に存在する…..

20mmウエストボディーからそれはまるで帽子のツバのように両サイドに4mmとびだし造形美のひとつのメッセージとして70年以上の時でさえも凌駕する一品とも言えよう。

TOP-HAT/トップハット…Ref.1450

当然、その内からなる鼓動は、19800振動のロービートとして、耳に優しく語りかけてくる。Cal.9-90という存在がその世界を創造する。1934年に誕生し、テンプ周りを改良し、より精度を追い求めた結果、バイメタルからモノルタルに変わり、その後、50年代に入りジャイロマックステンプが開発されたと同時に、ジャイロマックステンプに変わりパテックの30年以上の伝説ヒストリーを担うこととなった。今回の一品に搭載されるは非常に希少である後期のジャイロマックス。チラネジによる遠心力の不安定差を失くし、調整の難しい弱点をC型マスロットを天輪のアームに装備することで、そのCの向きを変えることで精度の微調整を可能とした。その最高のメカニカルサウンドを今回ご紹介する一品は最高の精度として皆様にご紹介したい。ケースは18金無垢シャンパンゴールド、ハイポリッシュ仕上げの鏡面の輝きが高貴なオーラとしてその偉大さをくどいようだが70年の年輪として現在でも19800振動の最高のビート叩き出す様は最高のこの一品のストーリーともなろう。

 

☆☆☆ 1950年頃製造 “ビンテージ極上美品” ☆☆☆
(日差±10秒/メンズ/磨きしてございます/アーカイブ申請中)
※直接スイスジュネーブ、パテックフィリップブティックにて申請中です。
万が一、アーカイブが出ない場合は全額返金の上、返品手続きとさせて頂きますことをご了承下さいませ。

☆☆☆ 奇跡のオリジナルコンディション ☆☆
(ダイアル裏の爪足の偽造痕、リフィニッシュ痕のチェック済み)
バックル、尾錠、風防以外完全オリジナル※ダイアルは完全オリジナルコンディション

☆ 1940年頃製造純正 18金無垢”シャンパンゴールド レクタンギュラー”トップハット”ケース ☆
【サイズ】:20mm(ボディー部分)-24mm(ハット部分×38.5mm(ラグ to ラグ)
【状態】:(ほぼ痩せも無く、目立つキズ打痕は一切無く年代を感じさせない状態は奇跡と言っても過言ではない)

☆ 1940年頃製造純正 18金無垢”シャンパン” ゴールドスナップバックケース ☆
【刻印】:PATEK PHILIPPE CO & GENEVE SWISS 18K 0.750 668181

【状態】:(ほぼ痩せも無く、目立つキズ打痕は一切無く年代を感じさせない状態は奇跡と言っても過言ではない)

☆ 1950年頃製造純正 18金無垢シャンパンゴールド”プレーン”竜頭 & 純正アクリル風防 ☆
【状態】:(目立つキズ打痕は一切無く年代を感じさせない状態は奇跡と言っても過言ではない)

☆ 1950年頃製造純正 ”シルバー” ダイアル ☆
【刻印】:PATEK PHILIPPE GENEVE
【状態】:(部分的にスポットはございますが、全体的には綺麗なほうだと感じます)

☆ 1950年頃製造純正18金無垢シャンパンゴールド アプライド “ドット & バーインデックス” / バトン時、分針 ☆
【状態】:(経年による色褪せが50年とという時を感じさせてくれる)

☆ 社外新品”本革クロコダイル”ストラップ   ☆
【状態】:ストラップ:新品-ラグ幅:19mm-最長腕回り:約190mm


★☆★ Cal.9-90 ★☆★

GENEVE SEAL(ジュネーブシール)

PXP(マニュファクチャーコード/パテックフィリップ最終製造行程印)

PERLAGE(ペルラージュ装飾)

COTES DE GENEVE(コートドジュネーブ装飾)

SCREW CUTTING BALANCE(チラネジ切りテンプ)

VIBRATION(振動数):19800/時

JEWEL NUMBER(受石数):18石

RUNNING RESERVE(パワーリザーブ):40時間

BUILT(製造年):1934年~67年

【刻印】:(EIGHTEEN JEWELS THREE(3) HEAT,COLD IS0CHRONISM ADJUSTED FIVE(5)POSITIONS №974412 PATEK PHILIPPE Co GENEVE)