クールストア販売商品

激希少14金無垢19mm★ USAジュビリーブレス★ ~190mm

PRICE即決価格(Buy it now)  ¥400,000  (税別・交渉可能) 
MODEL5連ジュビリーブレス USAアプライドロゴ 
MOVEMENT –
AGE 1960-70年代製造モデル
MATERIAL 14金無垢
SIZE 腕周り最長190mm(小指一分の余裕さ)
激希少14金無垢19mm★ USAジュビリーブレス★ ~190mmのサムネイル
激希少14金無垢19mm★ USAジュビリーブレス★ ~190mmのサムネイル
激希少14金無垢19mm★ USAジュビリーブレス★ ~190mmのサムネイル
激希少14金無垢19mm★ USAジュビリーブレス★ ~190mmのサムネイル
激希少14金無垢19mm★ USAジュビリーブレス★ ~190mmのサムネイル
激希少14金無垢19mm★ USAジュビリーブレス★ ~190mmのサムネイル
激希少14金無垢19mm★ USAジュビリーブレス★ ~190mmのサムネイル
激希少14金無垢19mm★ USAジュビリーブレス★ ~190mmのサムネイル

 ロレックスのスポーツモデルの魅力はブレスレットにもあることは確かであるが、第一次世界大戦の時代から当初豚革が主流であった時代から、ロレックスが1932年のオイスターモデルのパーペチュアルを誕生させることで、より防水に耐え、永遠のクオリティーを維持させる為にステンレス製のブレスを開発していった。30年代にはブレス製造をイギリスやスイスのメーカーに依頼、”ゲイフレアー社”との関係は有名であり、ボンクリップ社と人気ヲニブンスルホドノキャタピラやライスブレスといった独特のブレスも開発し、ロレックス社に卸している。
1947には伸縮自在としたエクステンションブレスを開発し特許を出願し、自社でのブレス開発にも力を注いでいる。
1950年代に入ると1957年の世界観測年を発足に、スポーツウオッチとしての役目を唱えてきたロレックスの最大のチャンスにより、アメリカでの販路を強固にし、アメリカ向けモデルなどを発表、その50年代にはアメリカン法もあり、アメリカ市場でブレスメーカーとの関係も密接にしていった。
この時代からロレックスのブレスという世界に独自の”USブレス”という世界を築きあげた。その中でも特に、ブレスにC&I社という刻印があるロゴで有名な” CHROMWELL CO/クロムウェル社製のUSブレスがあるが、自社生産したブレスもスイス製と同じく力を注いでいった。
今回のジュビリーブレスもそのひとつであり、14金無垢の60-70年代にかけて製造されたブレスであり、ジュビリーUSの特徴でもあるクラスプ部分がフラットでなく、傾斜のついた先端にロレックスのロゴを立体的に配したそのデザインはスイス製のものよりもロレックスのロゴがしっかりしていて人気が高い。伸びは見られるが、目立つキズ、打痕も無く、無垢ブレスの損傷としてあげられるリンク部分、フラッシュフィット部分のヒビなども無く状態としてはかなりいいと言えるであろう。