クールストア販売商品

★★★ R O L E X ★★★ 9K Solid Champgne Gold “OLD CUSHION”1925★9金無垢シャンパンゴールド “オールド クッション” 1925年製造 Ref.672/Cal.10 1/2

PRICE即決価格(Buy it now)  ¥320,000  (税別・交渉可能) 
MODELRef.672  “オールド クッション”   
MOVEMENTCal.10 1/2 
AGE1925年製造
MATERIAL9金無垢シャンパンゴールド 
SIZE32mm(含めず/含み35mm)×35mm(両側ラグの先端まで)  
★★★ R O L E X ★★★  9K Solid Champgne Gold “OLD CUSHION”1925★9金無垢シャンパンゴールド “オールド クッション” 1925年製造  Ref.672/Cal.10 1/2のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★  9K Solid Champgne Gold “OLD CUSHION”1925★9金無垢シャンパンゴールド “オールド クッション” 1925年製造  Ref.672/Cal.10 1/2のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★  9K Solid Champgne Gold “OLD CUSHION”1925★9金無垢シャンパンゴールド “オールド クッション” 1925年製造  Ref.672/Cal.10 1/2のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★  9K Solid Champgne Gold “OLD CUSHION”1925★9金無垢シャンパンゴールド “オールド クッション” 1925年製造  Ref.672/Cal.10 1/2のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★  9K Solid Champgne Gold “OLD CUSHION”1925★9金無垢シャンパンゴールド “オールド クッション” 1925年製造  Ref.672/Cal.10 1/2のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★  9K Solid Champgne Gold “OLD CUSHION”1925★9金無垢シャンパンゴールド “オールド クッション” 1925年製造  Ref.672/Cal.10 1/2のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★  9K Solid Champgne Gold “OLD CUSHION”1925★9金無垢シャンパンゴールド “オールド クッション” 1925年製造  Ref.672/Cal.10 1/2のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★  9K Solid Champgne Gold “OLD CUSHION”1925★9金無垢シャンパンゴールド “オールド クッション” 1925年製造  Ref.672/Cal.10 1/2のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★  9K Solid Champgne Gold “OLD CUSHION”1925★9金無垢シャンパンゴールド “オールド クッション” 1925年製造  Ref.672/Cal.10 1/2のサムネイル

1890年頃から戦争という世界から生み出された腕時計という世界、それ以前、女性ものの腕時計は存在したが、男性用の腕時計は戦火の中で、ポケットから取り出す手間を省く為に懐中に紐を巻いて、腕に嵌めるという自然発生的なものから誕生した。そして1900年のパリ万博でオメガが初めてWRISTWATCHという言葉を用いて時計を出品した。 それから4年後、24歳の若き青年”ハンス・ウィルドルフ”が、エグラー社(現ロレックス ヒエンヌ社)とのムーブメントの惚れ1905年にイギリスで義弟のアルフレットデイビスと一緒に”W&D社”を立ち上げた。その後、第一次世界大戦勃発により、ドイツ人名であるハンスは急遽、敵国であるイギリスであるが為に”ロレックス社”を1915年に立ち上げた。
立ち上げからロレックスは怒涛のように新しい開発を試み1915年7月に認可された特許ナンバー”70926”(塵を遮断するケース)、 1922年、特許ナンバー”197208”のリューズのついた本体をアウターのねじ込みケースで覆い隠すという防水ケースへと発展し、1926年6月10月18日防ケース特許ナンバー”120851”、ねじ込みリューズ初の特許ナンバー”120848”により、ハンスは確固たるスポーツウオッチブランドとして20年代を境に確立していった。 今回のモデルはスポーツモデル創造期とも呼べる1925年製造のラグジュアリーモデルの一品、クッションケースをご紹介しよう。当然20年代であるがゆえ、リファレンスナンバーは3桁の”Ref.672”この3桁リファレンスを聞くだけで胸がときめく気持ちちにさせてくれる。
特に今回の一品は9金無垢でこの時代のラグジュアリーにはない32mmサイズとかなり大きいサイズでダイアルは当時のマットで立体的なプレートですべてオールローマン文字のアワーマーカーズとなり、ダイアル全体を経年のヤケが100年近く時を奏でてきた年輪のオーラがこの一品を包み込み、そこにひし形を意味するロージンジ針が舞うことでアンティークとしての物語を完結とする。当然その100年近く時を奏でてきた証はクッションケースの内側の刻印にも示されるように、Fを横にして対に二つ重ねたようなマークはイギリスのグラスゴーの港にインポートされた刻印であり、その左横のnは1936年にインポートされたデイトマーク、そしてこの当時の9金無垢を示す9 375の文字すべてが、この一品が100年経とうとも、又これからも必死に魂があるように生きようとしているように見える。
当社オーバーホール渡しで、100年近く経とうとも、普段使いにできる最高の一品であることをお伝えしたい。

 

☆☆☆ 1925年頃製造”ビンテージ” ☆☆☆
(日差±60/メンズ/当社調整済み/付属品無し)
当社工房にてテンプ一式洗浄、注油済、精度テスティング、ダイアル裏のリダン痕、改造痕のチェック済
バンド、バックル、風防以外完全純正オリジナル※ダイアルは完全オリジナル

☆☆☆ “1925年頃製造 奇跡のファクトリーオリジナル ☆☆☆


☆【フロントケース】1925年頃製造純正9金無垢シャンパンゴールド “クッション” ケース
【状態】(当社でバフがけだけさせて頂きましたが小キズはあろかと思います。ラグ部分に修復痕がございます。ヤセもほぼ感じられません)

☆【バックケース】1925年頃製造純正9金無垢シャンパンゴールド クッション スナップバックケース ☆
【刻印】ケース裏:(RWC LTD 9 375 25 WORLD’S RECORD GENEVA – SUISSE)
48 【サイズ】32mm(含めず/含み35mm)×35mm(両側ラグの先端まで)
【状態】(当社でバフがけだけさせて頂きましたが小キズはあろうかと思います。ヤセはほぼ感じられません)

☆【リューズ】1925年頃製造純正金張り プレーン竜頭) ☆
【状態】(色褪せキズございます)

☆【ダイアル】1925年頃製造純正 アプライド”オールローマン&レールスケールダイアル W/スモールセコンド” ☆
【刻印】(ROLEX OYSTER SWISS MADE)
【状態】(当時の希少なマットダイアル。全体的にかなり経年のヤケがかなり出ていて最高なコンディションである)

☆【針】1925年頃製造純正 “ブルースティール”ロージンジ時分針 ☆
【状態】ブルースティール独特の青針でアンティークの時代の象徴でもあるひし形を意味するロージンジ針は全くの変色もなく最高のコンディションである

☆【ストラップ】社外本革ブラッククロコダイルストラップ(ハメゴロシタイプ) ☆
【状態】ストラップ:ハンドメイド-新品 / 尾錠:嵌めごろラグ


★☆★ Cal.10 1/2 ★☆★

VIBRATION(振動数):18000/時

JEWEL NUMBER(振動数):15石

RUNNING RESERVE(駆動時間)MAX:38時間

SCREW BALANCE WHEEL(ちらネジテンプ)

BREGUET HAIR SPRING(ブレゲヒゲゼンマイ)

【刻印】(ROLEX 15RUBIES SWISS MADE FAB SUISSE)