クールストア販売商品

★★★ OMEGA ★★★ The First Legendary “Automatic Chronometer Bumper” 18K Solid Gold☆ファースト伝説 “自動巻クロノメーターバンパー” 18金無垢 Ref.2516/Cal.352

PRICE即決価格(Buy it now)  ¥300,000  (税別・交渉可能)
MODELRef.2516 ファースト 自動巻 クロノメーター
MOVEMENTCal.352 
AGE1950年頃 
MATERIAL18金無垢ピンクゴールド 
SIZE横径33.2mm(竜頭含ず/含み35mm)×縦径40.8mm(両側先端ラグまで) 
★★★ OMEGA ★★★  The First Legendary “Automatic Chronometer Bumper” 18K Solid Gold☆ファースト伝説 “自動巻クロノメーターバンパー” 18金無垢  Ref.2516/Cal.352のサムネイル
★★★ OMEGA ★★★  The First Legendary “Automatic Chronometer Bumper” 18K Solid Gold☆ファースト伝説 “自動巻クロノメーターバンパー” 18金無垢  Ref.2516/Cal.352のサムネイル
★★★ OMEGA ★★★  The First Legendary “Automatic Chronometer Bumper” 18K Solid Gold☆ファースト伝説 “自動巻クロノメーターバンパー” 18金無垢  Ref.2516/Cal.352のサムネイル
★★★ OMEGA ★★★  The First Legendary “Automatic Chronometer Bumper” 18K Solid Gold☆ファースト伝説 “自動巻クロノメーターバンパー” 18金無垢  Ref.2516/Cal.352のサムネイル
★★★ OMEGA ★★★  The First Legendary “Automatic Chronometer Bumper” 18K Solid Gold☆ファースト伝説 “自動巻クロノメーターバンパー” 18金無垢  Ref.2516/Cal.352のサムネイル
★★★ OMEGA ★★★  The First Legendary “Automatic Chronometer Bumper” 18K Solid Gold☆ファースト伝説 “自動巻クロノメーターバンパー” 18金無垢  Ref.2516/Cal.352のサムネイル
★★★ OMEGA ★★★  The First Legendary “Automatic Chronometer Bumper” 18K Solid Gold☆ファースト伝説 “自動巻クロノメーターバンパー” 18金無垢  Ref.2516/Cal.352のサムネイル
★★★ OMEGA ★★★  The First Legendary “Automatic Chronometer Bumper” 18K Solid Gold☆ファースト伝説 “自動巻クロノメーターバンパー” 18金無垢  Ref.2516/Cal.352のサムネイル
★★★ OMEGA ★★★  The First Legendary “Automatic Chronometer Bumper” 18K Solid Gold☆ファースト伝説 “自動巻クロノメーターバンパー” 18金無垢  Ref.2516/Cal.352のサムネイル
★★★ OMEGA ★★★  The First Legendary “Automatic Chronometer Bumper” 18K Solid Gold☆ファースト伝説 “自動巻クロノメーターバンパー” 18金無垢  Ref.2516/Cal.352のサムネイル

オメガ初の自動巻バンパーとして1942年、”30.1mmサイズのキャリバー30.10RA PC”誕生、そして 1943年、28.5mmサイズの” 28.10RA PC”が誕生しここで自動巻の永遠なる歴史が始まることなる。1949年には30.10はキャリバー330へと、そして28.10はキャリバー340としてリネイムされることとなり、1945年初のセンターセコンド”28.10RA SC PC”が誕生、1949年350キャリバーとしてリネイムされる。この頃からスイスではクロノメーター規格の各メーカー自社で行うことが出来た基本検査をスイスクロノメーター歩度公認検定局に基づく公式なものとして改正され、そのこともあってか、1948年340キャリバーを全チューニングを施しクロノメーター公式認定検査に通し341キャリバーを誕生させ330は331としてクロノメーターキャリとしての礎を築く。ご存知341キャリバーは100周年とした伝説モデル”センテナリー”として発表れたのは知るところである。
そして1949年350キャリバーを公式クロノメーター検定機として全チューニングチェンジをした”キャリバー352”がここで誕生することとなる。ご存知”コンステレーション”のと”シーマスタークロノメーター”のファーストキャリバーであり、今回ご紹介するシンプルなクロノメーター表記のモデルを当初は発表した。”それはダイアルにクロノメーターの文字をダイアルに堂々と表記し2512,2516,2517など多彩なラインナップも従えた。今回ご紹介する一品は1950年のライナップとして誕生した”Ref.2516”。そのダイアルは2トーンのシルバー色で感極まりないほどの美しさと気品を備え、そのダイアルデザインを導くように18金無垢のラウンドからしなやかに伸びたラグの美しさも言葉につまるほどである。当然この最高のいで立ちをなびかせながら腕に嵌めたとたんに体に感じるその18金無垢ケースから感じるバンパーという雄叫びは19800振動。42時間パワーリザーブというスペックも備え、昔ながらの独自の微調整機能を備えた緩急針。デカめのチラネジテンプの精度への拘りと、スイスクロノメーター歩度公認検定局公式への軌跡を形にした最高の一品であることをお伝えしよう。


★☆★ Cal.352 ★☆★

BUMMPER SEIL-WINDING SYSTEM(バンパー式巻き上げ方式)

SCREW BALANCE(チラネジテンプ)

BREGUET SPRING BALANCE(ブレゲヒゲゼンマイ)

INCABLOC(耐震インカブロック)

VIBRATION(振動数):19800/h

JEWEL NUMBER(受石数):17石

BUILT(製造期間):1949年-

OMEGA WATCH CO UNADJUSTED SEVENTEEN 17 JEWLES 10952899 Ω352

☆☆☆ 1950年頃ビンテージ美品 ☆☆☆
(日差:20秒前後/メンズ/バフがけ程度の磨きはさせて頂きました/付属品無し)

☆☆☆ 奇跡のオリジナルコンディション ☆☆☆
ダイアル裏の爪足の偽造痕のチェック、リダン痕のチェツク済み
ダイアルは当時のオリジナルコンディション

☆ 1950年頃純正 18金無垢ピンクゴールド フロントケース ☆
【状態】:(当社で磨きはしてこざいませんが、目立つキズ、打痕も全く無く年代的にも最高のコンディョンです。竜頭は剥がれています)
【サイズ】横径33.2mm(竜頭含ず/含み35mm)×縦径40.8mm(両側先端ラグまで)

☆ 1950年頃純正 18金無垢ピンクゴールド スナップバックケース ☆
【刻印】14K 585 OMEGA FAB SUISSE SWISS MADE 10952899 2516
【状態】:(当社で磨きはしてこざいませんが、目立つキズ、打痕も全く無く年代的にも最高のコンディョン)

☆ 1950年頃純正 ”2トーングロス”ダイアル ☆
【刻印】:OMEGA AUTOMATIC CHRONOMETER OFFICIALLY CERTIFIED SWISS MADE
【状態】:(オリジナルを損ねないように綺麗にリダンされています)

☆ 1950年頃純正 “18金無垢トップバー & アルファー針 ☆
【状態】:(夜光は綺麗にリダンされています)

☆ 社外アクリルドーム風防 ☆
【状態】:(当社で磨きをさせて頂きましたので完璧です)

☆ 1990年代純正シャンパンゴールド尾錠 & 純正カーフ本革ストラップ ☆
【状態】:尾錠:デッドストック / ストラップ:新品
【サイズ】:腕周り:190cm