クールストア販売商品

★★★ TUDOR ★★★ 1967’s Oyster Prince “200m SUBMARINER ” Matte Dial☆1967年 オイスタープリンス “200メートル防水 サブマリーナ” マットダイアル Ref.7928/Cal.390

PRICEAsk 
MODELRef.7928 オイスタープリンス  サブマリーナ マットダイアル  
MOVEMENTCal.390 
AGE1967年
MATERIALステンレススティール 
SIZE40mm(横径リューズカード含み/竜頭含め42mm)×47mm/両ラグ先端まで 
★★★ TUDOR ★★★ 1967’s Oyster Prince “200m SUBMARINER ” Matte Dial☆1967年 オイスタープリンス “200メートル防水 サブマリーナ” マットダイアル  Ref.7928/Cal.390のサムネイル
★★★ TUDOR ★★★ 1967’s Oyster Prince “200m SUBMARINER ” Matte Dial☆1967年 オイスタープリンス “200メートル防水 サブマリーナ” マットダイアル  Ref.7928/Cal.390のサムネイル
★★★ TUDOR ★★★ 1967’s Oyster Prince “200m SUBMARINER ” Matte Dial☆1967年 オイスタープリンス “200メートル防水 サブマリーナ” マットダイアル  Ref.7928/Cal.390のサムネイル
★★★ TUDOR ★★★ 1967’s Oyster Prince “200m SUBMARINER ” Matte Dial☆1967年 オイスタープリンス “200メートル防水 サブマリーナ” マットダイアル  Ref.7928/Cal.390のサムネイル
★★★ TUDOR ★★★ 1967’s Oyster Prince “200m SUBMARINER ” Matte Dial☆1967年 オイスタープリンス “200メートル防水 サブマリーナ” マットダイアル  Ref.7928/Cal.390のサムネイル
★★★ TUDOR ★★★ 1967’s Oyster Prince “200m SUBMARINER ” Matte Dial☆1967年 オイスタープリンス “200メートル防水 サブマリーナ” マットダイアル  Ref.7928/Cal.390のサムネイル
★★★ TUDOR ★★★ 1967’s Oyster Prince “200m SUBMARINER ” Matte Dial☆1967年 オイスタープリンス “200メートル防水 サブマリーナ” マットダイアル  Ref.7928/Cal.390のサムネイル
★★★ TUDOR ★★★ 1967’s Oyster Prince “200m SUBMARINER ” Matte Dial☆1967年 オイスタープリンス “200メートル防水 サブマリーナ” マットダイアル  Ref.7928/Cal.390のサムネイル
★★★ TUDOR ★★★ 1967’s Oyster Prince “200m SUBMARINER ” Matte Dial☆1967年 オイスタープリンス “200メートル防水 サブマリーナ” マットダイアル  Ref.7928/Cal.390のサムネイル
★★★ TUDOR ★★★ 1967’s Oyster Prince “200m SUBMARINER ” Matte Dial☆1967年 オイスタープリンス “200メートル防水 サブマリーナ” マットダイアル  Ref.7928/Cal.390のサムネイル

1953年、ロレックスサブマリーナ”6204”の誕生プロセスから”Ref/1680”デイトファーストサブまでの道のりを一緒に歩み独特の世界を築き上げたチュードルサブマリーナ。
中でも薔薇紋の世界で唯一サブとして存在する小薔薇サブの魅力は生産数も少ないこともあり別格ともなろう。ロレックス”Ref.6200”サブを同パーツとして小薔薇サブ”Ref.7922”が1954年に誕生する。それはロレックスサブの廉価版としの存在であるが機械以外はほぼ同パーツであり100mというプロ仕様、そこに潜水時にも視認性を見せたラジウム夜光からダイアルをより見やすくしたドーム風防などクオリティーは販売当時から高かったのは事実である。其の後唯一の手巻きキャリバー1182を搭載することで謎多きチュードルサブとしてダイアルにSELF-WINDINGではなく”SHOCK-RESISTING”としバックケースはフラット。時分針はペンシル、秒針はドットトップとしてその伝説は1年だけの製造とも言われる。そして1958年、ロレックスRef.6538を同ケースとし200m防水の同スペックチュードルサブマリーナ”Ref.7924”が誕生する。それは6538同様、8mmオーバーのビッグ竜頭に37mmケース。より厚くドームとすることで視認性をより高くし防水を高めたRef.7922が誕生する。そして良く年、チュードルサブを1968までの十年間を支え続けてきたRef.7928が1959年に誕生した。それはロレックスRef.5513を同パーツとしサブマリーナ初となる竜頭ガードを装備、39mmケースとなり二回りも大きくなった。キャリバーはRef.7922同様エタの390キャリバー。1953年にはロレックス同様、夜光がトリチウムに変わる間におこる特別な夜光としてのサインであるアンダーラインも存在し、小薔薇紋章も茎の部分の花弁と他4枚の花弁が違うが、後期な薔薇紋は5枚の花弁が同一柄となる。
今回ご紹介するRef.7928は1967年、ダイアルがマットに交換となる時期であるが、この67年のダイアルはミラーダイアルのような光沢も感じさせるのが特徴であり、見れば見るほどその美しさに感動してしまう。時分針、秒針、サークルのインデックスのトリチウムの夜光枯れ具合も緑黄色がとなり、最高のビンテージの味わいを感じる。ベゼルディスクはシルバーグレイとなり退色したその色合いは全くキズの無い退色しただけの自然がおりなす芸術と言っても過言ではない。特にケースは見事に販売当時の余韻を残す全くの磨き痕の無い最高のオリジナルコンディション。当然ラグの立ち上がりも完璧。小キズは沢山あるが、致命傷となるキズ、打痕はまったく無く言葉に言い表しようのない最高のストーリーを語る一品と言えよう。
以上

【チュードルストーリー】
1920年代当時、アメリカでは、自家用車やラジオ、洗濯機、冷蔵庫等の家電製品などの様々な発明で、アメリカを中心に、ヨーロッパに飛び火し、世界は空前絶後の『黄金の20年代』とも呼ばれ、当然、ロレックス創業者”ハンス・ウィルス・ドルフ”も、アメリカに市場を求めた。そして一般市場向けの価格帯の商品を送り込む為に、ロレックス時計の市場価値を下げない為に、”ディフュージョンブランド”が誕生した。それは何と1920年代から始まり、中には70年代初め頃まで実在したものもあり、それはなんと50社とも呼ばれる。(ユニコーン、ジェネックス、アクア、オイスター、ソーラー、ブレックス、セルシーマ、ロネックス、モネダ、ロルコ、サウスマーリン、オミグラ、プリンスダウフィンなど)といった具合だ、その中でもその人気の高さゆえ、現在でも独自の文化を開花させたのが、イギリスのチューダー王朝で有名なチューダー家王族創設のヘンリー7世の紋章としても知られる薔薇をモチーフにした『チュードル』である。1926年、 “Veuve de Philippe Huther/ヴーヴ ドゥ フィリップ ヒュンター”として存在していた時計メーカーをロレックスが、1930年に引き継ぐ形となり、1946年3月に”MONTRES TUDOR SA”に社名を変え今日に至っているが、何と言っても小薔薇、盾薔薇、大薔薇と、その年代により変わっていったチュードル社のエンブレム、そしてそこに存在するそれぞれの薔薇紋の多様性、派生モデル、そして数多く存在するペットネームの謎と、ロレックスとは違う独自に歩んでいった世界が又、コレクターを熱くする要素でもある。


☆☆☆ 1967年製造ビンテージ ☆☆☆
(±60秒/メンズ/当社調整済み、磨き無/付属品無し)


☆☆☆ 奇跡のオールオリジナルコンディション ☆☆☆
ダイアル裏の爪足の偽造痕のチェック、リダン痕のチェツク済み
Ref.7836/FF.382ブレスも含みオールオリジナル※ダイアルも完全オリジナル


☆ 1967年製造純正 マットダイアル ☆
【刻印】:TUDOR OYSTER PRINCE SUBMARINER ROTER SELF-WINDING T SWISS T
【状態】:(初期のマットダイアル独特の光沢感のあるマットダイアル)

☆ 1967年以降製造 トリチウム夜光ノンサークルアワーマーカーズトリチウム夜光ベンツ時,分,秒針 ☆
【状態】:(サークル、針のトリチウム夜光の部分が同色に枯れ、その枯れ具合が緑黄色のヤケとなり最高のビンテージの漂いとなる)


☆ 1967年以降製造純正 ステンレススティールベゼル & ベゼルディスク ☆
【状態】:(ノンポリッシュを象徴するラグの立あがりは完璧に販売当時の漂いとなり、キズはかなりあるが全く痩せの無い最高のビンテージとなる。致命傷となる打痕、キズはございません)

☆ 1967年製造純正 ステンレススティールミドルケース ☆
【刻印】6時位置:595148 / 12時位置:7928
【サイズ】 40mm(横径リューズカード含み/竜頭含め42mm)×47mm/両ラグ先端まで
【状態】:(ケース同様、キズは沢山あるが完全なノンポリッシュ。全くの痩せのない最高のオリジナルコンディション)
※(ご希望であれば当社で磨きをサービスでさせて頂きます)

☆ 1967年製造純正 トリブロッククラウン(竜頭) ☆
【状態】:(チューブのねじ込みの摩耗も無い。小キズはかなりございます。致命傷となる打痕、キズはございません)

☆ 1980年以降の純正プラスチック風防 ☆
【状態】:(当社で磨きをさせて頂きましたのでかなり綺麗になっております)

☆ 1964年製造純正ステンレススティール スクリューバックケース☆
【刻印】:ORIGNAL OYSTER CASE BY ROLEX GENEVE/MONTRES TUDOR SA GENEVA SWIZERLAND STAINLESS STEEL 7928 Ⅲ1967
【状態】:(小キズはかなりございます。致命傷となる打痕、キズはございません)
※(ご希望であれば当社で磨きをサービスでさせて頂きます)

☆ 1970年代製造純正ステンレススティール 3連巻きブレス(Ref.7836/FF.382) ☆
【状態】:ブレス幅-20mm・腕周り185mmまで/12駒・若干の伸び程度で状態はかなりいいと感じています。小キズはございます)
※(ご希望であれば当社で磨きをサービスでさせて頂きます)


★☆★ Cal.390 ★☆★

ADJUSTED TWO(2)POSITIONS(2姿勢差調整)

VIBRATION(振動数):18000振動/時

JEWELS NUMBER(受石):17石

RUNNING RESERVE MAX(最高駆動時間):38時間

FLAT HAIRSPRING(平ヒゲゼンマイ)

【刻印】:MONTRES TUDOR SA SWISS MADE GENEVA SEVEMNTEEN 17EWELS AUTO PRINCE