クールストア販売商品

★★★ R O L E X ★★★ Screw Pusher Chronograph First Model-COSMOGRAPH DAYTONA -Black Plexiglass☆スクリュー(ネジ込み)プッシャーファーストモデル “コスモグラフ デイトナ” ブラックプラスチック ベゼルインサート Ref.6240/Cal.722

PRICEAsk 
MODELRef.6240 コスモグラフ デイトナ スクリュープッシャーファーストモデル 
MOVEMENTCal.722 
AGE1965-69年頃製造 
MATERIAL ステンレススティール 
SIZE37mm(リューズガード含めず/含み39mm)×45mm(両側ラグの先端まで)  

SOLD OUT

申し訳ございません。こちらの商品は現在売り切れです。
同モデルあるいは近いモデルをお探しすることが可能な場合もございますので、
お気軽にお問い合わせください。

★★★ R O L E X ★★★ Screw Pusher Chronograph First Model-COSMOGRAPH DAYTONA -Black Plexiglass☆スクリュー(ネジ込み)プッシャーファーストモデル “コスモグラフ デイトナ” ブラックプラスチック ベゼルインサート Ref.6240/Cal.722のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★ Screw Pusher Chronograph First Model-COSMOGRAPH DAYTONA -Black Plexiglass☆スクリュー(ネジ込み)プッシャーファーストモデル “コスモグラフ デイトナ” ブラックプラスチック ベゼルインサート Ref.6240/Cal.722のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★ Screw Pusher Chronograph First Model-COSMOGRAPH DAYTONA -Black Plexiglass☆スクリュー(ネジ込み)プッシャーファーストモデル “コスモグラフ デイトナ” ブラックプラスチック ベゼルインサート Ref.6240/Cal.722のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★ Screw Pusher Chronograph First Model-COSMOGRAPH DAYTONA -Black Plexiglass☆スクリュー(ネジ込み)プッシャーファーストモデル “コスモグラフ デイトナ” ブラックプラスチック ベゼルインサート Ref.6240/Cal.722のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★ Screw Pusher Chronograph First Model-COSMOGRAPH DAYTONA -Black Plexiglass☆スクリュー(ネジ込み)プッシャーファーストモデル “コスモグラフ デイトナ” ブラックプラスチック ベゼルインサート Ref.6240/Cal.722のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★ Screw Pusher Chronograph First Model-COSMOGRAPH DAYTONA -Black Plexiglass☆スクリュー(ネジ込み)プッシャーファーストモデル “コスモグラフ デイトナ” ブラックプラスチック ベゼルインサート Ref.6240/Cal.722のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★ Screw Pusher Chronograph First Model-COSMOGRAPH DAYTONA -Black Plexiglass☆スクリュー(ネジ込み)プッシャーファーストモデル “コスモグラフ デイトナ” ブラックプラスチック ベゼルインサート Ref.6240/Cal.722のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★ Screw Pusher Chronograph First Model-COSMOGRAPH DAYTONA -Black Plexiglass☆スクリュー(ネジ込み)プッシャーファーストモデル “コスモグラフ デイトナ” ブラックプラスチック ベゼルインサート Ref.6240/Cal.722のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★ Screw Pusher Chronograph First Model-COSMOGRAPH DAYTONA -Black Plexiglass☆スクリュー(ネジ込み)プッシャーファーストモデル “コスモグラフ デイトナ” ブラックプラスチック ベゼルインサート Ref.6240/Cal.722のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★ Screw Pusher Chronograph First Model-COSMOGRAPH DAYTONA -Black Plexiglass☆スクリュー(ネジ込み)プッシャーファーストモデル “コスモグラフ デイトナ” ブラックプラスチック ベゼルインサート Ref.6240/Cal.722のサムネイル

【商品説明】
1963年、ロレックスはデイトナを世に誕生させた。それはカーレース専用モデルとしてのストーリーをロレックスオフィシャルサイトでメーカーは掲げるが、真実は何処にあるのか….
1963年、当時ロレックスはマーキュリー計画最終となる月面に人を送り、無事帰還させるというケネディーの1960年の発表から現実となったアポロ月面到着計画の選定の真っ最中であった。それは宇宙モデルとした”CHOSMOGRAPH/コスモグラフ”の名において、NASAが用意したブライトリング、セイコー、ルシアン・ピカール、ユニバーサル・ジュネーブ、そしてアメリカン法を武器にしたハミルトン、グリュエン、ブローバ、ベンラスなどのアメリカブランドの中で自由に腕にはめることで選定対象としたマーキュリー計画選定後の1964年、ロッレクスは最終ロンジン、オメガとの3社での最終選定に臨んいた。室温を摂氏70度で48時間保ち、その後室温を93度に上げ、その後摂氏-18度で48時間行うなど数多くの検査の中、ロンジンはガラスか外れるなどの不具合が生じ、ロレックスは針が曲がるなどで時計が止まり、それ以上のテストは行われた。結果、オメガのスピードマスターに決定したが、1969年のオメガの決定となったが、それにより選定から落ちた各メーカーは20世紀最大の出来事となる1969年の人類初の月面到着というアポロ計画のオメガの完全マーケティングとなったのは言うまでもないが、それぞれのメーカーのストリーデさえ、書き換えることとなる。
ロレックスは当然、コスモグラフとして1961年のマーキャュリー計画の本格始動でNASが動きだし、1963年その計画にいち早く始動、デイトナRef.6239を世に出した。当然1963年には未だダイアルにDAYTONA/デイトナ表記はない。63年は特にラジウムからトリチウムにロレックスが夜光塗料を変更、ダイアルにはアンダーラインという夜光を変えたマークも存在した。そして1966年頃から”DAYTONA/デイトナ”の文字が登場する。そして同年、ダイアルのスケール上に5分置きのアプライドのインデックスを配置、15秒置きのスケール表記となった永久秒針、12時間積算計、60分積算計のスケールにはカーフラッグを思わせるスクエアー型のペイントのインデックスが描かれたエキゾチックダイアル、別名ハリウッドスターであるポールニューマンがこよなく愛した時計であることで”ポールニューマンダイアル”とも呼ばれた特別モデルも発表された。ここで問題なのは、アポロ計画のオフィシャルメーカーが決定した1965年の翌年にデイトナ表記が誕生したのか、ロレックスはオフィシャルサイトで”1963年にカーレース用として開発”と謳っているが、実際はアポロ計画選定で失格となったことを歴史の闇に隠し、1959年に造られたアメリカ、フロリダ州にあるデイトナレース場を1969年のオメガの独占マーケティングを阻止することも含めそのストーリーを変えてしまったのかもしれない。と私は考える。
そんな手巻きデイトナの中で、一番レアであり人気の高いのがRef.6240である。何故ここまで人気が高いのか、よくインターネット、雑誌などで1971年より誕生するRef.6263のプロトタイプとも呼ばれるが、何故そう呼ばれるのかをご損じだろうか….
謎多きモデルRef.6240。最近になりロレックスがオフィシャルサイトで自社の歴史を物語り始めた。以前はこのような事は無かったが、そのおかげで全貌が見えやすいようになってきた。現在ロレックスのオフィシャルサイトでデイトナの歴史をクリックするとそのストーリーの中で手巻きデイトナの中で初めてクロノグラフのプッシャーにねじ込みを装備したモデルを、画像を掲載しながら説明している。但しそこにはリファレンスナンバーが無いが、まさに”Ref.6240”である。
そう、プロトタイブとは呼んではいけないのである。以前ジュネーブの本社ロレックスで我社の最初の担当者に聞いたことがあったが、そのようなものではないとはっきり言った。
では何故そこにはその後に誕生するRef.6262とRef.6264の姉妹機種がノンスクリューであったのかを考える必要がある。わざわざ1965年に誕生しスクリュー式のクロノグラフプッシャーを装備しておきながら、Ref.6240が終了する1969の翌年1970年に新たなモデルとして6262,6264を誕生させたがノンスクリューに戻したのか?
又、今回のモデルのように6桁シリアル~7桁の12頭のシリアルの個体が多いのは何故か、ある仮設をたてた。1965年の誕生年、何が起きたか。前文で話した通りそれはロレックスの歴史を左右する大きな出来事。それはアポロ月面計画で1964年、ロレックス、オメガ、ロンジンが最終選考メーカーとして最後の熾烈なテストを受け、NASAがオメガを月面のオフィシャルメーカーとして決定を下した年である。当然ロレックスとしてはその結果はマイナスとなるのは必然、急遽その針が曲がるという結果に対し気圧の変化にも影響を及ぼすクロノグラフのプッシャーを急遽、ねじ込みにする必要があったのかもしれない。そのこととで信用を絶対的なものとして導かなればならないことで急遽、6240を誕生させたのではないだろうか? 特に6240は6239の同ケースを使用したものや、6240としてのケースもある。その中で6桁~12頭の7桁シリアルなどの存在も大きな鍵となるのかもしれない。
そんな中で今回ご紹介する一品、金無垢インデックスを使用した証であるシグマ印の経年のヤケが最高のビンテージ感を醸し出すオーラ丸出しのブラックマットに秒積算計、クロノグラフ秒針から反りだしトップの700ツインロック竜頭、溝無しのより細かいストレートラインが刻まれたファーストクロノグラフプッシャー、2105年に交換された風防を除きすべて当時のままの状態。
更に当社がロレックスジュネーブに100年前の時計をもコンプリートサービスが対応しているように5年前からイタリア、ドイツのある業者仲間と共に活動しこれからの時代は本物保証として自己判断ではなく、メーカーを巻き込んだ鑑定が必要であるという理念を持ち、特に500万円を超えるものは全てロレックスでのコンプリートサービスを付属させようと始動し、イタリアロレックスで2015年11月にコンプリートサービスを完了した一品で、現在のサービス完了品である為、100%本物保証としてお届けしたい。当然、現在イタリアでも偽物を持ち込むことは法律的にも違法である為、コンプリートサービスを通ったものは完全に100%本物として保証される。今回この一品を購入した場合でもご希望により有料となるが、イタリアロレックスにてコンプリートサービスを完了してからお届けすることも可能である。当然その場合はロレックスメーカー2年間保証が付属となる。

※雑誌パワーウオッチの『謎解き物語』で当社のコラムを掲載させて頂いておりますので、そこにはロレックス ジュネーブとの付き合いの中で様々事柄をもっと深い話から、他メーカーとの関係の中で知り得た偽物の見分け方も連載中ですので宜しくお願い致します。

 

☆☆☆ 1965-69年頃製造ビンテージ”ロレックス イタリアOH完了品” ☆☆☆
(日差+15秒ほど/クロノグラフ完全稼働/メンズ/ロレックス国際保証カード付属)※環境により誤差はございますのでお約束するものではございません
★ご希望によりロレックス社(ジュネーブ ロレックスかイタリア ロレックスになります※日本ロレックスはこのモデルのコンプリートサービスは既に受付終了)にてコンプリートサービスを完了してからお渡しも可能です(その場合は2年間保証付属となります※但し防水保証は保証外となりますのでご了承下さいませ)


☆☆☆ “1965-69年頃製造”ファクトリーオールオリジナル ☆☆☆


☆ 1965-69年頃製造純正  “σシグマ印” トリチウム夜光ブラックマットダイアル  ☆
【刻印】(ROLEX COSMOGRAPH DAYTONA σT SWISS Tσ)
【状態】全体的にヤケが綺麗に広がり最高のビンテージの証となり、そのヤケが何とも言えない情緒もかんじさせてくれる

☆ 1965-69年頃製造純正 50-200タキメータースケール プラススチックインサート&ステンレススティールベゼル ☆
【状態】ステンレス製のヘゼルに関しましてはロレックスで磨きはしてごさいませんので小キズ、打痕はございます。


☆ 1965-69年頃製造純正 50-200タキメータースケール プラススチックインサート ☆
【状態】小キズはございますが、破損、打痕により亀裂などは一切無く、ビンテージの風格のオーラはすごいの一言)

☆ 1959-69年頃製造純正 純正ネジ込みスティール700ツインロック竜頭 & 溝無ファーストクロノグラフプッシャー
 【状態】小キズございます。打痕、目立つキズなどはございません。

☆ 1959-69年製造純正 ステンレススティールケース & スクリューバック ☆
【刻印】
●ケース裏:(MONTRES ROLE SA GENEVA SWIZERLAND PATENRED STINLESS STEEL 6240)
●12時位置:(REGISTRED DESIGN 6241)●6時位置:(1260240)
【サイズ】37mm(リューズガード含めず/含み39mm)×45mm(両側ラグの先端まで)
【状態】ロレックス本社で磨きはしてごさいます。ガードシールはつけたままです。

☆ 2015年11月ロレックスコンプリートサービス時交換。純正アクリル風防 ☆
【状態】小キズがある程度でアタリキズなどはございません。

☆ 1966年製造 純正3連巻きオイスターブレス Ref.7835/FF.60 ☆
【状態】ロレックスコンプリート時に磨きはしてございません【サイズ】ラグ幅-19mm/腕周り:最長185mm/12駒

★☆★ Cal.722 ★☆★

VIBRATION(振動数):18000/時

JEWEL NUMBER(受石数):17石

MICROSTELLA REGURATING SCREW BALANCE(マイクロステラチラねじテンプ)

ROLEX ULTRAFLEX SHOCK-SYSTEM(ロレックスウルトラフレックス耐震)

BREGUET SPRING(ブレゲヒゲゼンマイ)

ANGRAVING FOR CHRONOGRAPH PARTS(クロノグラフパーツ面取り加工)

PILLAR WHEEL(ビラーホイール)

CARRING ALARM(キャリングアーム)

RUNNING RESERVE:40時間

【刻印】:(SWISS MADE FABR SUISSE ROLEX 17RUBIS 722)