クールストア販売商品

★★★ R O L E X ★★★ Oyster Perpetual “Air-King-Date” In 1963☆オイスターパーべチュアル “エアキング デイト” 1963年製造 Ref.5700/Cal.1530

PRICEAsk 
MODELオイスターパーべチュアル “エアキング デイト”  Ref.5700 
MOVEMENTCal.1530(1535) 
AGE1963年頃製造 
MATERIALステンレススティール 
SIZE34mm(リューズガード含めず/含み36mm)×42mm(両側ラグの先端まで)  
★★★ R O L E X ★★★ Oyster Perpetual “Air-King-Date” In 1963☆オイスターパーべチュアル “エアキング デイト” 1963年製造 Ref.5700/Cal.1530のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★ Oyster Perpetual “Air-King-Date” In 1963☆オイスターパーべチュアル “エアキング デイト” 1963年製造 Ref.5700/Cal.1530のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★ Oyster Perpetual “Air-King-Date” In 1963☆オイスターパーべチュアル “エアキング デイト” 1963年製造 Ref.5700/Cal.1530のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★ Oyster Perpetual “Air-King-Date” In 1963☆オイスターパーべチュアル “エアキング デイト” 1963年製造 Ref.5700/Cal.1530のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★ Oyster Perpetual “Air-King-Date” In 1963☆オイスターパーべチュアル “エアキング デイト” 1963年製造 Ref.5700/Cal.1530のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★ Oyster Perpetual “Air-King-Date” In 1963☆オイスターパーべチュアル “エアキング デイト” 1963年製造 Ref.5700/Cal.1530のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★ Oyster Perpetual “Air-King-Date” In 1963☆オイスターパーべチュアル “エアキング デイト” 1963年製造 Ref.5700/Cal.1530のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★ Oyster Perpetual “Air-King-Date” In 1963☆オイスターパーべチュアル “エアキング デイト” 1963年製造 Ref.5700/Cal.1530のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★ Oyster Perpetual “Air-King-Date” In 1963☆オイスターパーべチュアル “エアキング デイト” 1963年製造 Ref.5700/Cal.1530のサムネイル
★★★ R O L E X ★★★ Oyster Perpetual “Air-King-Date” In 1963☆オイスターパーべチュアル “エアキング デイト” 1963年製造 Ref.5700/Cal.1530のサムネイル

1957年リファレンス5500が誕生し、そのリファレンスは”エアキング”という名を軸に、”エクスプローラー”、”メトロポリタン”、”エベレスト”、のペットネームとして発売された。。それは1930年代のリファレンス3121のように世界大恐慌を救ったロレックンスのペットネームの多様により買い手の心理をくすぐった世界初のマーケティング戦略の集大成であったのかもしれない。そしてそれはマテリアル、ベゼルデザインの違いで、5501,5502,5504,5506を用意、その後1960年に5500の基本キャリバーである1530にデイト装備した”1535キャリバー”を搭載した”5700”が誕生した。

『Air King Date/ エアキングデイト』

5500と同じようにエクスプローラーデイト”も同年発売されたが、基本ケースベースとしたは5500ではなく、1962年に発売されたパーペチュアルファミリーの1500をベースケースとして1965年頃以降はベースキャリバーも1520のデイトキャリバーである”1525”を搭載することとなる。
今回ご紹介する一品はバックケースが1500仕様通り1963年製の”Ref.5700”当然キャリバーは1520でなく1530となり公式キャリバーとしては1535となる。なかなかこの年代のRef.5700エアキングデイトは少なく市場に出回ることはほぼ無い。当然今回の個体を見ても60年頃からの独特の楔型のインデックスにラジウム夜光のアルファー針を持ったダイアルは完璧と言ってもいいほど当時の純正パーツとした最高のオリジナルコンディションとてしてのオーラが漲っている。当然12時間の楔型インデックスのトップ部分のラジウム夜光も枯れたいい色合いになっている。この個体が50年以上経った個体であることを疑うようなケース、バックケースにはキズ、打痕など一切無い最高のコンディションである。痩せも感じさせないほど。
ブレスは67年の5連ジュビリーブレス。当然クラスプのロレックスロゴは飛び出しでやや伸びはあるものの気になるような伸びも無く最高のコンディション。

 

☆☆☆ 1963年頃製造ビンテージ コンディション ☆☆☆
現在(歩度:+29秒/振角:235前後/片振角:1.0※温度、湿気など環境に変化致しますのでこの数値でのお約束ではございません)
※動作保証:基本的に歩度のみの±60秒前後以内とした保証となります(動作保証3ヵ月)


☆☆☆ “1963年頃製造”ファクトリーオールオリジナル ☆☆☆


◆【ダイアル】1963年頃製造純正シルバー “Air-King-Date/エアキングデイト” ダイアル
【刻印】(ROLEX OYSTER PERPETUAL Air-King-Date PRECISION SWISS MADE)
【状態】ダイアル全体にヤケが出て、60年代特有のインデックスと針との相性が抜群で、当時のままの純正パーツの素晴らしさを感じさせる

◆【針 & アワーズインデックス】1963年頃製造純正バーアワーマーカーズ W/トリチウムドット夜光 & ソード夜光針
【状態】ドット夜光、針の夜光もややヤケ程度で最高のコンディション

◆【ベゼル】1963年頃製造純正ステンレススティールスムースベゼル
【状態】小キズ程度で目立つ打痕などのキズはございません。※磨きはしてございません

◆【リューズ】1963年頃製造純正ステンレススティールツインロックリュウズ
 【状態】小キズ程度で目立つ打痕などのキズはございません。ネジ込みもしっかりしていて問題ございません


◆【ミドルケース】1963年頃製造純正 ステンレススティール ミドルケース

【刻印】●12時位置:(5700)●6時位置:(85832-)
【サイズ】34mm(リューズガード含めず/含み36mm)×42mm(両側ラグの先端まで)
【状態】小キズ程度で目立つ打痕などのキズはございません。ヤセはございます※磨きはしてございません

◆【スクリューバックケース】1963年頃製造純正 ステンレススティール スクリューバックケース
【刻印】ケース裏:(MONTRES ROLEX SA GENEVA SWIZERLAND PATENTED STAINLESS STEEL 1500 63Ⅰ)
【状態】オープナーのキズも無く、打痕、凹みも一切なくかなり良い状態であると感じています。

◆【クリスタル】1990年以降、ロレックス純正アクリル風防
【状態】極小のキズはございます。磨きで多少落としています。

◆【ブレス】1967年代純正5連ジュビリーブレスRef.6251H/FF.57
【状態】伸びはござまいすが使用上に問題は全くございません。
【サイズ】ラグ幅:20mm/駒/腕周り160~185mmまででクラスプで調整可能/ブレス自体の長さ調整も可能です

★☆★ Cal.1530(1535) ★☆★

VIBRATION(振動数):18000振動/時

JEWELS NUMBER(受石):26石

RUNNING RESERVE MAX(最高駆動時間):42時間

SCREW BALANCE(チラネジテンプ)

NON HACK SYSTEM(ハック機能無し)

【刻印】:(ROLEX GENEVA SWISS 26 FINE RUBIES 1530 45732)