クールストア販売商品

激希少ジャンピングアワー★鉄仮面 フルタイムカウンター★レクタンギュラー ハンターケース 1940’s

MODELジャンピングアワー 鉄仮面 フルタイムカウンター レクタンギュラー 鉄仮面ハンターケース  
MOVEMENT Cal.304(FELSA) 
AGE 1940年
MATERIALステンレススティール
SIZE 25mm/横径リューズ含めず×39mm/両ラグ先端まで
激希少ジャンピングアワー★鉄仮面 フルタイムカウンター★レクタンギュラー ハンターケース 1940’sのサムネイル
激希少ジャンピングアワー★鉄仮面 フルタイムカウンター★レクタンギュラー ハンターケース 1940’sのサムネイル
激希少ジャンピングアワー★鉄仮面 フルタイムカウンター★レクタンギュラー ハンターケース 1940’sのサムネイル
激希少ジャンピングアワー★鉄仮面 フルタイムカウンター★レクタンギュラー ハンターケース 1940’sのサムネイル

ゼンマイを巻いたその先には、基本凛冽としての角穴、豆穴の存在がこの一節のストーリーとして展開していく….カナという表現方法を別な形で問いただすように考えるが、それが自然体であることに不思議さを感じるまま、その痕跡を見つめていく。キチと小鉄車との連結への確かな摩耗無きコンディションを確かめ、小鉄車から始まるゼンマイという命の伊吹を与え、巻くという行為の度にそこから聞こえる歯車とカナとの結び合う鼓動…それは絶えず躍動する60秒を一回転する2番車から60分を一回転する3番車へそして12時間を一回転する4番車へ、そしてそのカナの鼓動は、やがてひとつの節目を迎えていく…基本凛冽とする4番車の正規なるポジショニングに別なる凛冽を与え、そこに別なる意味するひとつの存在を確かなる現実の姿として表現する…..

JUNPING HOUR…..DEGITAL MINUTE AND SECOND COUNTER
ジャンピンクアワー、デジタルミニッツ、セコンドカウンター

そのメカニカルの姿は、現実として3つのカウンターに意味を成した。6時位置の永久秒針のカウンターが、デジタルとして少しづつ、60秒という時間のの流れを1~60という数字がゆるやかに流れていく…..それはセンター位置近くにある分を表示するデジタルカウンターを更に時への不思議なせ世界へと購っていく…..60という数字と引き換えに12時位置のカウターが、、と津瀬善のごとく、その表情を変えた。それは感動しという言葉を超えた遥かなきアメージングな世界への扉を開けた唯一の瞬間であったのかもとしれない。その様相から定かではないが、フェルサの304ファミリーと感じられるが、1940年代のその時より18000振動というロービートを奏で語り続けてきたこと確かである。