クールストア販売商品

1975年製造希少マットダイアルW/フジツボ14金無垢&SS★ロレックス GMTマスターセカンド Ref.1675/3★14金無垢&SS3連ハード78363/FF.458

PRICE1650000円
MODEL ROLEX GMT-MASTER Ref.1675/3
MOVEMENT Cal.1570
AGE 1975年
MATERIAL 14KYG & SS / 14金無垢&ステンレススティール
SIZE  36mm/横径リューズ含めず×44mm/両ラグ先端まで)
1975年製造希少マットダイアルW/フジツボ14金無垢&SS★ロレックス GMTマスターセカンド Ref.1675/3★14金無垢&SS3連ハード78363/FF.458のサムネイル
1975年製造希少マットダイアルW/フジツボ14金無垢&SS★ロレックス GMTマスターセカンド Ref.1675/3★14金無垢&SS3連ハード78363/FF.458のサムネイル
1975年製造希少マットダイアルW/フジツボ14金無垢&SS★ロレックス GMTマスターセカンド Ref.1675/3★14金無垢&SS3連ハード78363/FF.458のサムネイル
1975年製造希少マットダイアルW/フジツボ14金無垢&SS★ロレックス GMTマスターセカンド Ref.1675/3★14金無垢&SS3連ハード78363/FF.458のサムネイル
1975年製造希少マットダイアルW/フジツボ14金無垢&SS★ロレックス GMTマスターセカンド Ref.1675/3★14金無垢&SS3連ハード78363/FF.458のサムネイル
1975年製造希少マットダイアルW/フジツボ14金無垢&SS★ロレックス GMTマスターセカンド Ref.1675/3★14金無垢&SS3連ハード78363/FF.458のサムネイル
1975年製造希少マットダイアルW/フジツボ14金無垢&SS★ロレックス GMTマスターセカンド Ref.1675/3★14金無垢&SS3連ハード78363/FF.458のサムネイル
1975年製造希少マットダイアルW/フジツボ14金無垢&SS★ロレックス GMTマスターセカンド Ref.1675/3★14金無垢&SS3連ハード78363/FF.458のサムネイル
1975年製造希少マットダイアルW/フジツボ14金無垢&SS★ロレックス GMTマスターセカンド Ref.1675/3★14金無垢&SS3連ハード78363/FF.458のサムネイル
1975年製造希少マットダイアルW/フジツボ14金無垢&SS★ロレックス GMTマスターセカンド Ref.1675/3★14金無垢&SS3連ハード78363/FF.458のサムネイル













【商品説明】
それはまるでベルベットのような優しい感触を感じさせるような落ち着いたブラウンの風合い、70年代後半からメーカーメンテナンス時に交換用ダイアルとして、その風合いはオリジナルストーリーから消えてしまい、いつしかグロスダイアルとしたストーリーがこのセカンドモデルに存在する。確かに後期のグロスダイアルも美しく綺麗であるが、どことなく懐かしくそしてそのソフトな感覚で包み込む風合いは全世界から愛され、GMTマスターで言えば、ファースト6542/8、そしてセカンドモデルの1675/8と今回ご紹介する1675/3の個体にしか存在しない世界共通ワードとして”マットダイアル”と絶賛される。そしてセカンドストーリーとなるロレックスエンブレムが小さく立体的として表現されたその独特の世界はこの一品が物語るように菱形により近い初期のエンブレムが更にこの一品の最高のストーリーの証となろう。
そんな市場から消え失せてきた希少なマットダイアルの今回の一品は1975年製造。トリチウムの経年のヤケの何とも言えない色ヤケを感じるアワーマーカーズと針の同化したような色合い、更にベゼルの色褪せたフェイド感は、キズ、剥がれや損傷のほとんど無い状態として完璧なまでに、そして決して交換されていないオリジナルコンディションというストーリーを語っていると言っても過言ではない。
ケースはステンレススティールと14金無垢ベゼルのコンビモデル。80年代から14金無垢から完全18金無垢へと移行されていったストーリーの申し子となるこの年代独特の14金無垢の優しいベゼルの色合いは色褪せしたベゼルディスクと同化し、その美しさは芸術そのものであると言っても過言ではない。ブレスはVD1979年製の78363。1975年に1675/3用純正ブレスとしても使用され、16753との懸け橋ともなったブレスであり、今回の一品のブレスは当然、1675/3用の14金無垢のコンビでフラッシュフィットは専用458。ハードでありながら全く伸びも無く完璧と言っても過言ではない状態。78363の14金無垢コンビブレスは単体でも30万円以上する代物。風防以外は当時のままのコンディヨンで最高の一品であり、全体的なフェイド感を感じるオーラ丸出しの存在感は見た一瞬から脳裏から離れられないほどの残像を残すほどである。
機械は、ロレックス史最高と称される”1570機”、 独特のウルフズティースクラッチホイールを用いることで巻き上げ効率を高め、しっかりとした一つ一つのパーツの作り、調整し易いデカ目のチラネジ、巻き込みにくく、変形しにくいことからもメンテナンスし易く、絶対的耐久性を誇り、19800振動というロービートでありながらも、日差への追い込みは28800の高振動化された3000機よりも絶対的信用のおける最高の名機と言えよう。















★★★ R O L E X  ★★★

Oyster Perpetual “GMT-MASTER 2’nd MODEL” Matte Brown
オイスターパーペチュアル “GMTマスター /セカンドモデル” マットブラウンダイアル

R e f . 1 6 7 5 / 3







☆☆☆ 1975年製造ビンテージ” ☆☆☆
(メンズ/日差;+12/振り角;255/片振り:0.1/拘束角:50°)
※タイムグラフ実測での数値ですが、環境により変化致しますので、あくまでも目安すとしてお考え下さい。

☆☆☆ オールオリジナルオールコンディション ☆☆☆
ダイアル裏の爪足の偽造痕のチェック、リダン痕のチェツク済み
ブレスRef.78363・FF.458 14金無垢コンビGMT純正3連ハードブレス.風防含め全てオリジナル







☆ 1975年頃製造純正 “ブラウンマット”ダイアル ☆
【刻印】:ROLEX OSTER PERPETUAL GMT-MASTER SUPERLATIVE CHRONOMETER OFFICIAL CERTIFIED T SWISS T
【状態】:(現在市場ではめったに出回らないマットダイアル。インデックスに多少の油染みはございますが、剥がれなども無くベルベットのような優しいマットの色合いは感動的美しさである)

☆ 1975年頃製造純 14金無垢フジツボインデックス、ロレックスアプライドエンブレム ☆
【状態】:(フジツボの夜光部分は既に効力は無く、ほどよい経年ヤケ、エンブレムも含め金無垢部分の変色はございません)

☆ 1975年頃製造純正 14金無垢シャンパンゴールドベゼル ☆
【状態】:(小キズはございますが、目立つキズ、打痕など一切ございません)

☆ 1975年頃製造純正 “24時間2トーンブラウンベゼルディスク” ☆
【状態】:(細かいキズ程度で、全体的に薄っすら色褪せしたフェイド感は美しいの一言)

☆ 1975年頃製造純正 時分ベンツ夜光針、24時間針 ☆
【状態】:(夜光は、ほどよくヤケかなりかなりいい状態です。夜光の効力は既にございません)











☆ 1975年頃製造純正 ステンレススティール ケース  ☆
【刻印】:12時側位置ラグ:REGISTRED DESIGN 1675 ・6時側ラグ:STAINLESS STEEL 3996294
【状態】:(磨きはいっさいしてございませんの小キズございますが目立つキズは一切ございません)
【サイズ】: 36mm/横径リューズ含めず×44mm/両ラグ先端まで)

☆ 1975年頃製造純正 ステンレススティール “スクリューバックケース” ☆
【刻印】:(MONTRES ROLEX SA GENEVA SWIZERLAND PATENTED STAINLESS STEEL 1675 )
【状態】:(当社で磨きはしてございませんので小キズはございます。目立つ打痕、深いキズなどの損傷は全くございません)

☆ 1979年代製造純正 78363・14金無垢SSコンビ3連ハードブレス/FF.458/12駒 ☆
【状態】:(全く伸びの無い状態です。12駒/ラグ幅:20mm/最長腕回り:180~185mm)












★☆★ Cal.1570 ★☆★

BREGUET SPRING BALANCE(ブレゲヒゲゼンマイ)

VIBRATION(振動数):19800/時

JEWEL NUMBER(受石):26石

TIME ADJUSTMENT:緩急針調整

POWER RESERVE:42時間

NON-HUCK SYSTEM(ハック機能無し)

【刻印】:(MONTRES ROLEX SA GENEVA TWENTY-SIX 26JEWELS ADJUSTED FIVE 5 POSITIONS SWISS TEMPRETURE 1570 D669347)