クールストア販売商品

1979年最終フジツボ14金無垢&SS希少グロスダイアル★ロレックス GMTマスター Ref.1675/3★18K&SSジュビリーハード62523H.FF.402

PRICE1400000円
MODEL ROLEX GMT-MASTER Ref.1675/3
MOVEMENT Cal.1570
AGE 1979年
MATERIAL 14KYG & SSステンレススティール
SIZE 36mm/横径リューズ含めず×44mm/両ラグ先端まで)
1979年最終フジツボ14金無垢&SS希少グロスダイアル★ロレックス GMTマスター Ref.1675/3★18K&SSジュビリーハード62523H.FF.402のサムネイル
1979年最終フジツボ14金無垢&SS希少グロスダイアル★ロレックス GMTマスター Ref.1675/3★18K&SSジュビリーハード62523H.FF.402のサムネイル
1979年最終フジツボ14金無垢&SS希少グロスダイアル★ロレックス GMTマスター Ref.1675/3★18K&SSジュビリーハード62523H.FF.402のサムネイル
1979年最終フジツボ14金無垢&SS希少グロスダイアル★ロレックス GMTマスター Ref.1675/3★18K&SSジュビリーハード62523H.FF.402のサムネイル
1979年最終フジツボ14金無垢&SS希少グロスダイアル★ロレックス GMTマスター Ref.1675/3★18K&SSジュビリーハード62523H.FF.402のサムネイル
1979年最終フジツボ14金無垢&SS希少グロスダイアル★ロレックス GMTマスター Ref.1675/3★18K&SSジュビリーハード62523H.FF.402のサムネイル
1979年最終フジツボ14金無垢&SS希少グロスダイアル★ロレックス GMTマスター Ref.1675/3★18K&SSジュビリーハード62523H.FF.402のサムネイル
1979年最終フジツボ14金無垢&SS希少グロスダイアル★ロレックス GMTマスター Ref.1675/3★18K&SSジュビリーハード62523H.FF.402のサムネイル
1979年最終フジツボ14金無垢&SS希少グロスダイアル★ロレックス GMTマスター Ref.1675/3★18K&SSジュビリーハード62523H.FF.402のサムネイル
1979年最終フジツボ14金無垢&SS希少グロスダイアル★ロレックス GMTマスター Ref.1675/3★18K&SSジュビリーハード62523H.FF.402のサムネイル









【商品説明】
1969年から製造が開始された1675の14金無垢のコンビモデル。ベルベットに似たソフトなマットダイアルと呼ばれるバックラウンドにフジツボの造形インデックスという金無垢モデルのDNAから派生したこのモデルは1980年に最終を迎える。その最終期となっていく1978年頃よりダイアルはマットから突然、光沢のあるグロスダイアルに変更されていき、後の16753へと引き継がれていくが、16753がプリントのロレックス紋章に対し、1675/3は14金無垢の立体的なロレックスの紋章である為、美しさは全く違う域となる。その後、交換ダイアルとしてタイガーアイなど、もっと輝きのある光沢のダイアルも誕生したが、最終のオリジナルのグロスダイアルはなかなか出会えるものではない。そんなストーリーから始まる今回の一品はまさに1979年のファイナルマニュファクチャーである。
特にこのグロスダイアルは剥がれているものが多く、赤の塗料の色合いが剥がれた部分から漏れてしまい汚い個体も多い中、全くの損傷の無い今回の一品は最高の一品とも言えるだろう。更に針、インデックスも同色のやや色あせた感じのするだけで、状態はベゼルの状態から見てもわかる通り、一見見ると、ミントと見間違えるほどの状態の良さを感じるほどである。ケース、バックケースとも当社で磨きはしてございませんが、磨きは当然されている状態だが、痩せは感じないほどの状態である。
ブレスはW3の1995年製の62523H。基本は16753から16713にかけての次世代GMTマスターに使用されたハードのジュビリーブレス。当然今回の1675/3用の純正ブレスではないが、しっかりとフィットする。状はジュビリーは全般的に痩せ易いのが特徴であるが、フラットとなったジュビリーの18金無垢のコンビだけに伸びは全く、打痕、キズも小キズ程度で完璧と言っても過言ではない。
機械は、ロレックス史最高と称される”1570機”、 独特のウルフズティースクラッチホイールを用いることで巻き上げ効率を高め、しっかりとした一つ一つのパーツの作り、調整し易いデカ目のチラネジ、巻き込みにくく、変形しにくいことからもメンテナンスし易く、絶対的耐久性を誇り、19800振動というロービートでありながらも、日差への追い込みは28800の高振動化された3000機よりも絶対的信用のおける最高の名機と言えよう。
1979年製造GMTセカンドのグロスダイアルの最終ストーリーを奏でてはいかがでしょうか。















★★★ R O L E X  ★★★

Oyster Perpetual “GMT-MASTER 2’nd FINAL MODEL “Gloss Brown Dial
オイスターパーペチュアル “GMTマスター /セカンドファイナルモデル グロスブラウンダイアル

R e f . 1 6 7 5 / 3







☆☆☆ 1979年製造ビンテージ” ☆☆☆
(メンズ/日差;+15/振り角;245/片振り:0.1/拘束角:50°)
※タイムグラフ実測での数値ですが、環境により変化致しますので、あくまでも目安すとしてお考え下さい。

☆☆☆ オールオリジナルオールコンディション ☆☆☆
ダイアル裏の爪足の偽造痕のチェック、リダン痕のチェツク済み
ブレスRef.62523H・FF.402B 18金無垢コンビ純正ジュビリーハードブレス.風防含め全てオリジナル







☆ 1979年頃製造純正 “ブラウングロス”ダイアル ☆
【刻印】:ROLEX OSTER PERPETUAL GMT-MASTER SUPERLATIVE CHRONOMETER OFFICIAL CERTIFIED T SWISS T
【状態】:(最終となる光沢のあるブラウンのグロスダイアル。グロスに見られる剥がれ赤漏れなどの損傷の全く無い光沢感は最高の美しさである)

☆ 1979年頃製造純 14金無垢フジツボインデックス、ロレックスアプライドエンブレム ☆
【状態】:(フジツボの夜光部分は既に効力は無いが、全体的に薄っすらとしただけの状態の良さ))

☆ 1979年頃製造純正 14金無垢シャンパンゴールドベゼル ☆
【状態】:(小キズはございますが、目立つキズ、打痕など一切ございません)

☆ 1979年頃製造純正 “24時間2トーンブラウンベゼルディスク” ☆
【状態】:(全くの損傷の無い小キズ程度、色褪せも無く状態は完璧と言っても過言ではない)

☆ 1979年頃製造純正 時分ベンツ夜光針、24時間針 ☆
【状態】:(インデックスとほぼ同色でまさに同化するようにやや色褪せた色合いのコンディションは最高)











☆ 1979年頃製造純正 ステンレススティール ケース  ☆
【刻印】:12時側位置ラグ:REGISTRED DESIGN 1675 ・6時側ラグ:STAINLESS STEEL 5868016
【状態】:(磨きはいっさいしてございませんの小キズございますが目立つキズは一切ございません)
【サイズ】: 36mm/横径リューズ含めず×44mm/両ラグ先端まで)

☆ 1979年頃製造純正 ステンレススティール “スクリューバックケース” ☆
【刻印】:(MONTRES ROLEX SA GENEVA SWIZERLAND PATENTED STAINLESS STEEL 1675 )
【状態】:(当社で磨きはしてございませんので小キズはございます。目立つ打痕、深いキズなどの損傷は全くございません)

☆ 1979年代製造純正 62523H・18金無垢SSコンビハードジュビリーブレス/FF. ☆
【状態】:(全く伸びの無い状態です。駒/ラグ幅:20mm/最長腕回り:180~185mm)












★☆★ Cal.1570 ★☆★

BREGUET SPRING BALANCE(ブレゲヒゲゼンマイ)

VIBRATION(振動数):19800/時

JEWEL NUMBER(受石):26石

TIME ADJUSTMENT:緩急針調整

POWER RESERVE:42時間

NON-HUCK SYSTEM(ハック機能無し)

【刻印】:(MONTRES ROLEX SA GENEVA TWENTY-SIX 26JEWELS ADJUSTED FIVE 5 POSITIONS SWISS TEMPRETURE 1570 D812208)