クールストア販売商品

激激希少エクスプローラー文字盤☆18金無垢ローズ&SS★ロレックス セミバブルバック Ref.6121★1953年☆645キャリバー

PRICE ASK
MODELOYSTER PERPETUAL  SEMI-BUBBLE BACK 
MOVEMENT Cal.645
AGE 1953年
MATERIAL 18K Solid rose Gold Bezel & Stainless Steel /18金無垢ローズG & ステンレススティール 
SIZE34mm/横径リューズ含めず×39mm/両ラグ先端まで 
激激希少エクスプローラー文字盤☆18金無垢ローズ&SS★ロレックス セミバブルバック Ref.6121★1953年☆645キャリバーのサムネイル
激激希少エクスプローラー文字盤☆18金無垢ローズ&SS★ロレックス セミバブルバック Ref.6121★1953年☆645キャリバーのサムネイル
激激希少エクスプローラー文字盤☆18金無垢ローズ&SS★ロレックス セミバブルバック Ref.6121★1953年☆645キャリバーのサムネイル
激激希少エクスプローラー文字盤☆18金無垢ローズ&SS★ロレックス セミバブルバック Ref.6121★1953年☆645キャリバーのサムネイル
激激希少エクスプローラー文字盤☆18金無垢ローズ&SS★ロレックス セミバブルバック Ref.6121★1953年☆645キャリバーのサムネイル
激激希少エクスプローラー文字盤☆18金無垢ローズ&SS★ロレックス セミバブルバック Ref.6121★1953年☆645キャリバーのサムネイル
激激希少エクスプローラー文字盤☆18金無垢ローズ&SS★ロレックス セミバブルバック Ref.6121★1953年☆645キャリバーのサムネイル
激激希少エクスプローラー文字盤☆18金無垢ローズ&SS★ロレックス セミバブルバック Ref.6121★1953年☆645キャリバーのサムネイル
激激希少エクスプローラー文字盤☆18金無垢ローズ&SS★ロレックス セミバブルバック Ref.6121★1953年☆645キャリバーのサムネイル
激激希少エクスプローラー文字盤☆18金無垢ローズ&SS★ロレックス セミバブルバック Ref.6121★1953年☆645キャリバーのサムネイル









【商品説明】
1932年に後、ロレックスビエンヌ社の社長としてロレックスの軸を支える存在となるエミール・ボレにより自動巻機構が開発され、1940年頃に620NAという自動巻ムーブメントに初めてナンバーが与えられ、1937年に自動巻機構の改良で630NAというナンバーへと自動巻き機構の歴史はバブルバックという名のもとに築かれていく。それは第二次世界大戦によりより実践での中での装着感、又様々なモデルを誕生させる為にそれまでのバブルバックのようなバックケースが泡のように盛り上がったケースをより平らなフラットにする必要があった。630NAまでは手巻きとしての700系の機械に自動巻機構を備える為、手巻きの機構と自動巻き機構を合わせ持つものとし、更に両方向からの回転を巻き上げる機構を備えなければならず、その為に両方向からの回転をゼンマイに伝える為の角穴車の上部に両方向からの巻き上げの為の歯車ととのストッパーとなるプレート更にそのの間に両方向となるように切り替える為のプレート備える為にローターとジョイントする歯車を除き3段となりローター自体も厚くなってしまったが、1950年に開発された645は、キャリバーナンバーとして初めてテンプ内部に刻印されることとなり、それはその切り替え部分に4本のアームをつけた薄いプレートをつれ、そのアームの先を交互に上下に折り曲げることでその曲がった部分にかみ合うように細かい歯をつけた車をその薄いプレートの上下に装備することでより薄い自動巻機構となった。いわゆるセミバブルバックの誕生である。そのセミバブルバックは、現在での製造されるモデルの伝説ストーリーとなるオリジンとなり、エクスプローラーのファーストモデルとなる6098、6298、6350、6150。サブマリーナ6204,6200,6205。GMTマスター6542のメインキャリバーとしても搭載された。その伝説は同年に開発された1030キャリと共に基本オイスターパーペチュアルの伝説として永遠に語り継がれることは間違いない。
そんなセミバブルバックのファーストキャリとなるCal.645を搭載した今回のモデルは、このセミバブルバック誕生の1950年に開発され、6100、6200,6300番台セミバブルバックリフアレンスの中でも最初期のもので、1953年頃に製造された個体で、その様相は50年頃からロゴが変更になったように、より職人の手のひらをモチーフにしたことを表す5本の指の先端部分の腹の部分を大きくし全体的に太くしたロゴにこの年代だけの希少な”ROLEX”をアプライドに立体的に表現した。更に52年頃からダイアルのアワーマーカーの部分を3,6,9のアラビア数字を楔型とのフライング表示とし、そのアワーマーカーのトップ部分にドットのラジウム夜光のポイントを塗布し、このモデルの純正のアルファー針にも夜光が塗布され、言葉にはいい表すことの出来ない最高のセミバブルバックストーリーを感じることが出来よう。更にこの一品の感動的真実は、コンビモデルとしての存在として希少たるエッジ状のベゼルは14金無垢ピンクゴールド、58年頃まで使用された当時の+の刻印を打ったパテント竜頭も当然14金張りのピンクゴールド、当然アワーマーカーズ、ROLEXの立体ロゴも含め全てピンクゴールドとしての希少すぎる一品であることを伝えたい。当然純正文字盤であることを証明する放射線数値は2.5マイクロシーベルトを検知、針も含め当時のままの最高のオリジナルコンディションである。













★★★ R O L E X ★★★
SEMI BUBBLEBACK- 14K SOLID PINK GOLD & SS – ROLEX UPLIED LOGO
セミバブルバック 14金無垢ピンクゴールド&スティールコンビ ピンクゴールド”ROLEX アプライドロゴ”
OYSTER PERPETUAL Ref.6121







☆☆☆ 1953年頃ビンテージ ☆☆☆
(日差±60秒/メンズ/磨きはしてございます/付属品無し/最高のビンテージコンディション)

☆☆☆ 奇跡のオールオリジナルコンディション ☆☆☆
ダイアル裏の爪足の偽造痕のチェック、リダン痕のチェツク済み
ダイアルインデックス、針、プラス+竜頭もピンクゴールドで当時のままのオリジナルコンディション





☆ 1953年頃製造純正 14金無垢ピンクゴールド “エンジンベゼル” ☆
【状態】:(市場にまず出回らないと言われる6121の希少なエンジンベゼルは打痕、目立つキズも無く完璧ナコンディションです)

☆ 1953年頃製造純正 14金無垢ピンクゴールド  オイスターセミバブルバックケース ☆
【刻印】:12時位置ラグ:6121 MODEL DEPOSE / 6時位置:699106(錆で見ずらくなっています)
【状態】:(年代それなりの小キズございますがある程度磨きで綺麗にはしてございます。痩せはございます。ラグ内の錆はございます)
【サイズ】:34mm/横径リューズ含めず×39mm/両ラグ先端まで








☆ 1953年頃製造純正 18金無垢ローズゴールドケース スクリューバックケース ☆
【刻印】MONTRES ROLEX SA GENEVE SWISS 6121 2 53
【状態】:(オープナーによるエッジのキズ、又腐食も無く最高のコンディションである。磨きはしてございます)

☆ 1953年頃製造純正 当時のオリジナルこんたディション “ピンクゴールドアプライドROLEXロゴ”ダイアル ☆
【刻印】:ROLEX OYSTER PERPETUAL OFFICIALLY CERTIFIED CHRONOMETER SWISS
【状態】:(経年の重みが当時独特の深い味わいを魅せる最高のビンテージコンディション)

☆ 1953年頃製造純正 ピンクゴールド “ウエッジ楔形ラジウム夜行 & 3,6,9 エクスプローラーダイアル” & リーフラジウム時、分針 ☆
【状態】:(ラジウム夜行のカレた色合いとブラックダイアルに浮かび上がるようなインデックスが最高のビンテージコンディション)

☆ 1953年頃製造純正 ピンクゴールド “プラス?パテントロゴ”リューズ ☆
【状態】:(この個体自体の純正のオリジナル竜頭は小キズ程度のネンダイからしても奇跡的なコンディション)

☆ 現行純正SSロレックス尾錠 & 社外クロコダイルストラップ ☆

【状態】:尾錠(小キズ程度) / ストラップ(新品ブラックカラー)












★☆★ Cal.645 ★☆★


SUPER BALANCE(スーパーバランステンプ)

BREGUET HAIRSPRING BALANCE(ブレゲひげゼンマイ)

VIBRATION(振動数):18000/時

JEWEL NUMBER(受石):17石

POWER RESERVE:40時間

【刻印】:ROLEX PERPETUAL CHRONOMETER SWISS MADE PATENTED 64363 F87674 645







ガンギ、テンプ、ゼンマイチェック注油済み

アフター信用度”120%”


☆当社3ヶ月動作保証!!!☆