クールストア販売商品

激希少クロノグラフ初期モデル★ウイットナー Ref.3256★Cal.14W(V188)

PRICE即決価格(Buy it now)  ¥170,000  (税別・交渉可能) 
MODELRef.3256 ウイットナー クロノグラフ 初期モデル
MOVEMENTCal.14W(V188) 
AGE1960年代 
MATERIALステンレススティール 
SIZE33mm/横径リューズ含めず×40mm/両ラグ先端まで 
激希少クロノグラフ初期モデル★ウイットナー Ref.3256★Cal.14W(V188)のサムネイル
激希少クロノグラフ初期モデル★ウイットナー Ref.3256★Cal.14W(V188)のサムネイル
激希少クロノグラフ初期モデル★ウイットナー Ref.3256★Cal.14W(V188)のサムネイル
激希少クロノグラフ初期モデル★ウイットナー Ref.3256★Cal.14W(V188)のサムネイル

当時、クロノグラフ界のマニュファクチュール世界最高峰と歌われた30CHを開発したロンジン魂に隠された真実たるストーリーはアメリカ歴史上貢献した偉人10人にも選ばれ、若干16歳で1872年にスイスからニューヨークに渡り家族との絆を大切にし1908年、結核で52歳の生涯を閉じるまでアメリカ時計業界発展の為に精を尽くした”アルバート ウィットナー”という名があったからこそロンジンは世界のロンジンヘト発展していったのかもしれない。大半をロンジンとの道を歩むこととなり、ディフュージョン的存在とし軽視されてしまうが、その真実の思いは確実に現代におていても語られていることは事実である。
そんな時代を思わせる今回の一品は、一瞬ロンジンを思わせるダイアルデザイン。その1960年代の当時のコンディションを50年以上の経年から守ってきたダイアルは、ブルーのタキメーターエリアとレッドのテレメーターエリアを繊細に細かく指標を描き、そのインダイアルにウエッジ(楔型)のアプライドのインデックスを配し、このウエッジにはドットの夜光ポイントがつき、ウィットナーの”W”エンブレムが立体的造形美として燦然とこれでもかと輝かせダイアルニオイテモカナリクオリティーの高さが伺える。当然アルファー針にも夜光は施されている。ブルースティールのスリムに伸びた秒針でさえも当時の職人の妥協をしない魂が伝わってくる。当然、ランデロンの特徴のひとつである2時位置クロノプッシャーのスタートボタンを押し、4時位置のストップボタンを押す。その後リスタート、リセットも4時位置の同プッシャーで行うという事実が、特別な存在として、ちょっとした喜びとして存在することは間違いない。