新着情報

入荷…….パテック フィリップ トップハット PATEK PHILIPPE TOP HAT Ref.1450 PLATINUM 950 Still for sale

 

                                                     その角という造形美….すべての縁に対してしなやかな曲線を求め、大胆でありながら繊細に表現された。

                                                      フロントから覗けばそれは円筒状に見え、

                                                       その上のラグ頂上部はフラット、そして20mmウエストボディーから突然両サイドに”4mm”とびだし、

                                                       まるで帽子の”ツバ”のようなる。

 

 

 それがプラチナという存在であるがゆえに、見た者は誰しもその風格に酔いしれ、

 

      触ると同時に感じる至近距離からの関係を遠ざけていく…….

 

         そうその風格、近寄りがたいそのオーラ、その品格、これほどまでに人の心を豊かにし、

 

              ロマンティックの思いをつのらせる存在がこの世にあったのであろうか…….

 




                          TOP-HAT/トップハット…..Ref.1450 PLATINUM950

 

 それは美的創造力の究極の果てにパテックフィリップなりの表現として、本物の価値を追い求めてきた結果の末、

 

    その先になしえた純粋な想いや愛情の産物としてこの世に存在するプラチナ”950PT”のメタリアルの世界…..

 

            美しい…..美しすぎる。なぜそれほどまでに訴えかけるのか。

 

 

 

    
当然、その内からなる鼓動は、18000振動のロービートとして、耳に優しく語りかけてくる。Cal.9-90という存在…..

 


                                              1934年に誕生し、テンプ周りを改良し、より精度を追い求めた結果、バイメタルからモノルタルに変わり、その後、

                                50年代に入りジャイロマックステンプが開発されたとと同時に、ジャイロマックステンプに変わりパテックの30年以上の伝説ヒストリーを担うこととなった。

                                                                今回の一品に搭載されるは中期のチラねじを背負いし”9-90キャリ”。

 

コートドジュネーブを施したジュネーブ様式独特のしなやかな曲線ブリッジを、2番,3番、4番車、

そしてガンギ車の軸のそれぞれに与え、オリーベの芸術を施したビジョンブラッドのエクストラルビーが

このクオリティーの高さを物語る。当然、バックラッシュを防ぐ当時の職人の拘りを見せるスワンネック

はたまらない美しさを感じる。表現するならばメカニカル的エロスとでも言っておこう。